Stylish old film

毎日更新。できません。

 

れみぱんです。

 

 

此処1,2年ファッション業界ではFilmを作るのが流行っています。

あらゆるブランド、クリエーターが写真だけには止まらず映像で同時の世界観を発信しだしました。

そんなFashion filmについては次回に書くとして、今回は昔の映画。特に映像美に特化した物をご紹介いたします。

 

 

‘The Butterflies’  Italy,1907

白黒の映像の上から手で色をつける手法で作られた作品。Gareth Pughもここからインスピレーションを受けてFilmを作っていますね。

実はこのFilm。お殿様が出てきます。

‘Le Cochon danseur’ France, 1907

フランスらしいおちゃめな作品。本物の豚のおしりは可愛いのに此処に出てくる豚のおしりは可愛くないです。

女の子の服はカンカン風ですね。あ。別にコメントがむづかしくて困ってないですよ。

‘La Peine du Talion’  France,1906

 

虫さん達の衣装が素晴らしく綺麗でキュートです。見ているとバレエや演劇を見ている気分になります。

これも、私の大好きな手で色を付けてます。

 

 

Alice in Wonderland 1903

 

皆様ご存知、不思議の国のアリスです。

音はありません。根気よく見てください。

 

 

Les Kiriki

 

普通に良くできています。面白い。乗せている音楽もちゃんとアジアンしています。

あ。投げやりになってませんよ?。

 

 

Flowers 1912

 

最初から最後まで花が回っているだけ。と。思ったら何故か最後のほうには果物や野菜が回ります。

 

だが、それがいい。

 

 

はい。この適当さがこのBlogの売りです←。

〆;Filmはコメントよりまず自分の目で見てみるのが一番って事ですね☆。

Advertisements
Stylish old film

We admire to Gypsy!

どうもこんにちは。れみぱんです。

 

第二回目にして、この出だしのグダグダ感。申し訳ないと思う。

 

今回のテーマはジプシーです。

そう。誰もが1度は憧れる(たぶん)ジプシー。

といっても、何をとってどういう感じの人々を連想するかは人によって大分違うと思います。

 

今回は、画像、音楽、Fashion、映画を通しての私なりのジプシー紹介致します。

 

 

このごちゃごちゃしているのに綺麗に見える内装。真似してみたいですね。

今出来るジプシーファッションは2012年S/SコレクションからEmilio Pucciと Dolce & Gabbanaを選んでみました。

そして、欠かせない音楽からは

 

Les Yeux Noirs(Tchavolo Schmitt&Mandino Reinhardt)

 

Highwayman (Hoffmaestro)

 

Hoffmaestroの方は、ジプシーか?と問われたら正直。たぶん。と言ってしまうかも知れませんが

Tchavolo SchmittはGypsy jazzというジャンルの有名なギター弾きさんです。Liveにギターを忘れるというお茶目な一面もある素敵な方です。

 

 

ジプシー映画は数あれど、2本お勧めを紹介します。

 

Black cat white cat(邦題;黒猫白猫)

 

1998年に作られた奇想天外なコメディ。もちろん映像も綺麗です。特に自然が。

 

When the Road Bends(邦題;ジプシーキャラバン)

 

ジプシーと呼ばれるロマ民族のドキュメンタリー映画。

5つのバンドが6週間にわたってキャラバンしちゃいます。

とにかく。音楽。そして音楽。もっとジプシー。

そんな映画です。

 

ジプシースタイル。日々の生活に取り入れてみては如何でしょうか?。きっと力が湧き出てくるんではないでしょうか?

 

We admire to Gypsy!

NEON O’ CLOCK WORKS Exhibition in Tokyo

Blog始めました。

記念の1回目のPostです.

このBlog のヘッダーの写真を撮ってくださいました、Photographer and Film artist Sayaka Maruyamaさんと Hair stylist and head prop artist Tomihiro KonoさんによるアーティストユニットNEON O’ CLOCK WORKSが、来月12月5日〜11日まで渋谷のセレクトショップ「SISTER」にてPHOTO/FILM EXHIBITIONを、また12月5日〜25日まではsuB museumにてSHORT FILM SCREENINGを開催いたします。

何度か一緒に撮影をして頂いたのですが、サーカスのように次々と独自の素敵な世界観を見せてくれる素敵な方々です。

ロンドンが拠点のお二人ですがこの期間は東京にいらっしゃると言う滅多にないチャンス。

是非是非、この不思議で夢のような世界を体験してみてください。

ここのBlogに詳細ありマス。

NEON O’ CLOCK WORKS Exhibition in Tokyo